行政書士の仕事を解説します。


どのような仕事を行政書士は行っているか

どのような仕事を行政書士は行っているのでしょうか?行政書士の仕事は、行政機関や官公署への認可・許可についての行政書類、事実証明、権利義務の書類を作って、代わりに提出します。具合的な書類としては、飲食店営業許可、建設業許可、自動車関連、会社設立、交通事故の損害賠償請求、遺言・相続、いろいろな契約書の作成等があります。

このような書類を法人・個人のユーザーの依頼によって、法律の知識を活用して作っていきます。なお、これ以外にも扱うことができる書類は多くあり、1万種類を現在ではオーバーすると言われており、この数は今後も多くなっていくことが考えられます。

行政書士は、一見すると書類のみを作っているというような印象がありましたが、実際には、行政書士が管理していれば書類作成は誰でもできます。

実際には、仕事を顧客からもらってくることと、迅速に顧客が持っているトラブルを解消するための提案がもっと大切なのです。行政書士でも、相手がユーザーのサービス業です。仕事は法律を扱っているため、仕事の特別なものをすると思っている人も多くいるかも知れませんが、別の仕事と全く同じです。
行政書士の仕事は、ユーザーを見つけて、書類作成などのサービスを行うものです。





Copyright (C)行政書士試験の勉強をする前に確認すること All Rights Reserved.