行政書士の独立について解説


行政書士は独立する人が多くいる

専門的な職業である行政書士は、別の職業と比較して、求人数が多くはありません。インターネットなどで、よく行政書士は就職が困難であると言われていますが、一般的な職業のように求人誌や求人サイトなどで募集を大々的に行っていないからです。しかしながら、基本的に、行政書士として就職したいという人はあまり多くはありません。

行政書士の資格は、基本的に独立開業タイプのもので、事務所の何処かに就職するということではなく、非常に独立する人が多くいます。というのは、メリットがあまり就職してもないためです。行政書士の場合、資格を取得すると、独立がすぐにでも可能で、ほとんど初期投資は必要ありません。また、独立すると、ほとんどの報酬が自分のものになるため、高い年収になる傾向があります。

一方、就職した場合は、自分がもらうことができる収入は限定されるため、メリットはそれほどありません。もちろん、就職した場合は、仕事が例え無い場合でも給料は毎月もらうことができ、仕事についてのノウハウをマスターすることが可能です。しかしながら、メリットは独立した場合の方が大きくなります。とにかく、就職は可能ですが、就職したい人はあまり多くはありません。





Copyright (C)行政書士試験の勉強をする前に確認すること All Rights Reserved.