行政書士試験を受験する人へ


行政書士試験は独学でも合格できるのか?

インターネットを見ていると、「行政書士試験を独学で合格した」という話を目にすることがあります。
このような話を見ると、「私にもできるのでは…」と思う人も出てきます。
しかし、実際のところどうなんでしょうか?
行政書士試験を独学で勉強して合格することは可能なのか、気になると思います。
少し調べてみると、行政所試験の合格率は2ということがわかりました。
もっとも合格率が低い場合は、1000人試験を受けて、20人しか合格しない計算です。
この数字を見る限り、簡単とは到底思えません。
専門学校や大学でも、この行政書士試験を合格するために、特別講義を行ったりしていることから、独学で勉強して行政書士試験を合格するのは、並々ならぬ努力が必要になります。
実際、行政書士試験を受けたことがある人に聞いたところ、「働きながら1年やそこら独学で勉強しても、試験範囲の半分も勉強出来ない」と言っていました。
そのため、もし独学で行政書士試験合格を目指すのであれば、効率重視の勉強が必要になるということがわかりました。
しかし、効率重視といっても、初めて法律について勉強する人にとっては、何から始めたらいいのかもわからない状況です。
初めて法律について勉強する人がつまずいてしまうのが、条文の言い回しが難しすぎて何を言っているのか理解できないという点です。
読むだけなのだから簡単と思っていると、痛い目を見てしまうので要注意です。
そこで、このサイトでは、行政書士試験を始めて受験する人が、受験勉強までに知っておきたいこと、身につけておきたいことを紹介していこうと思います。





Copyright (C)行政書士試験の勉強をする前に確認すること All Rights Reserved.